もっと聞いてみる!営業の範囲や労働時間は変わるかどうか

定時内に決められた営業範囲を回る仕事

ルート配送の仕事は、営業時間内に事前に決められたルートを車で回る仕事です。会社の業種や扱う商材によって違いはありますが、ルート配送の仕事の多くは定時内で終えるようなルートを回るのが普通になります。一般的な営業職のような毎回違うルートで新規開拓をするのではなく、既存の顧客のルートを回る仕事ですから、道を覚えてしまえば、配送にかける時間も短くなるものです。決められた時間に、既存顧客を巡るのがルート配送の仕事ですから、慣れてしまえば楽な仕事ではありますが、顧客との関係を良好に保つことが必要な難しい仕事でもあります。仕事は定時で終わる場合が多く、残業時間も少ないケースが殆どです。決まった時間での仕事ですから、自分のプライベートの予定が立てやすいのもルート配送の特徴でもあります。

仕事の内容と年収面は?

ルート配送の多くは、早朝から働くケースが多いものです。配送先の業務が開始される前に荷物を届けるのがルート配送の主な仕事だからです。仕事は、毎日のように決められたルートを巡り、荷物を搬入しては、次の目的地に向かうことの繰り返しの面もあります。単調なリズムの仕事ですから、慣れてしまうとモチベーションを維持できなくなる方もいたりするのも実情です。日々の業務を単調な仕事と捉えるのではなく、顧客とのコミュニケーションを重視して働くことが大切です。年収の面では、営業職に比べると高くは無いですが、過度なノルマがある仕事ではない面もあり、給与面より安定した生活を送りたい方には向いているでしょう。周囲とのコミュニケーションを保ちながら、自分の時間を持ちたいと考える方には、ルート配送は適した仕事です。