入った後の参考になるように!業務の流れを把握する背景

ルート配送の仕事の概要

ルート配送の仕事は、たくさんの商品などの運搬物を、定期的に巡回し配送するものです。企業や業者から依頼された製品を倉庫にて積み込み、トラックを利用して運搬する業務です。一般的に、その業務は運転業務だけではなく商品を積み込むという力を使う作業もあります。 ルート配送は、倉庫を運営する会社や食品を卸す会社、小売店舗、宅配業者などがあります。ルート配送の仕事は、その日の配送ルートにより早朝に出発したり深夜残業になってしまったりすることもあります。この仕事のやりがいは、配送ルートが決まっているため、商品の受取人と信頼関係を築けることです。 現在、ドライバーは不足の傾向で、ルート配送の求人も多数あります。初心者でも応募できる求人が多いため、運転免許証さえ持っていれば転職のチャンスがあります。

ルート配送の求人の見方

数多くあるルート配送の求人ですが、いざ転職するとなると慎重に求人を選ぶ必要があります。求人を見るにあたって、残業や休日出勤の確認が必要です。ルート配送の仕事は、毎日決まったルートを走行するので、残業が少ない先入観を持っている人もいるかもしれません。しかし、渋滞に遭遇することもあり、残業になってしまうこともあります。 また、給料が適正であるかを判断するため、いろいろな求人を見て給料の相場感をつけるのも重要です。給料が高い会社であると、経営状態が安定していることが想像でき、安心して働けます。なお、運転するトラックの大きさも確認しましょう。トラックの大きさによって、必要な運転免許も異なってきます。その他、福利厚生についても確認しておきましょう。