どうしてなの?営業ルートや労働時間をチェックする理由

ルートによっては時間配分が難しいことも

ルート配送の仕事は基本的に営業ルートが決まっており、求人にもどのような営業ルートを回るのか明記されていることが多いです。この時どのような営業ルートになっているのか確認することによって、そのルートの普段の混雑状況やルートを時間通りに回るための時間配分などをある程度予測することができます。そのため営業ルートが複雑であったり混雑することが多いルートだった場合は、時間配分を気を付けなければ時間通りに回ることが難しくなります。また営業ルートによっては大通りだけではなく、細かい道を行かなければいけないことも少なくありません。 このように営業ルートによって気を付けなければいけない点が異なるので、事前に求人をチェックしておくことが大切です。

残業や時間厳守など労働時間にもチェックが必要

またルート配送の求人を見る際には、労働時間もチェックしておくことが必要です。その理由として挙げられているのが、まず残業時間の有無の確認をするためとされています。ルート配送は荷物の多さによって残業が発生するかどうかが決まってくるため、日によっては残業が発生する場合もあります。そのような場合には残業手当がつくことが多いものの、どのような荷物をルート配送するのかによって残業の有無が異なることも多いです。このため、残業が発生するのかという点を含めて労働時間を確認することが必要だと言います。

またルート配送は時間厳守の仕事であるため、始業時間によって出勤する時間などを考えなければいけません。あまりに勤務地が遠かったり混雑するところだと遅刻してしまうリスクもあるので、その点もチェックしておくことが必要です。